タグ別アーカイブ: 火葬場

神棚封じ

昔から人が亡くなると行う作法です。

神棚に半紙を使って前面を覆うようにします。

これを「神棚封じ」と言います。

仏壇の扉も閉めます。

また、絵画や室内の装飾品など、喪の間にふさわしく無いものは同様に紙で覆うか、

または、見えない場所に置くようにします。

浄土真宗では「死のけがれ」の考え方は無いため、仏壇の扉を閉めることはありません。

 

 

霊祭(みたままつり)

◆神式

神道では霊祭を屋内ますが、本来は、葬儀の翌日に翌日祭を行いますが、現在では、あまり行われていないようです。

基本的には、亡くなった日から数えて十日ごとに霊祭を行います。

十日祭・二十日祭・三十日祭・四十日祭・五十日祭とあり、五十日祭の霊祭で忌明けを迎えます。

最近では、二十日祭、四十日祭は省略されることが多いようです。

霊祭は神社ではなく、自宅や墓前などで行います。百日祭までの霊祭は、墓前または祭壇に故人の好物などを供え

、近親者または友人、知人などを招き、神官に祝詞奏上をしてもらい玉串奉奠などの神事を行います。

最近では、五十日祭のときに「清祓いの儀」と「合祀祭」を合わせて執り行うことがお行っているようです。

★「清祓いの儀」とは、忌明けとして神棚や御霊舎に貼った白紙をはがすことを意味します。

★「合祀祭」とは、故人の霊璽(れいじ)を御霊舎(みたまや)に移し先祖の霊と一緒に祀ることを意味します。

五十日祭の後は、百日祭・一年祭となり、故人の命日の式典は、式年祭と呼ばれ、

一年祭・三年祭・五年祭・十年祭・二十年祭・三十年祭・四十年祭・五十年祭・百年祭と続きますが、一般的には三十年祭まで行っているよです。

 

 

 

 

三回忌以降の法要

三回忌が終わると次の法要は

◆七回忌(満六年目)

◆十三回忌(満十二年目)

◆十七回忌(満十六年目)

◆二十三回忌(満二十二年目)

◆二十七回忌(満二十六年目)

と続きます。

◆三十三回忌(満三十二年目)で法要はここで終了するのが一般的です。

千葉  松戸 葬儀 葬式 家族葬の「二葉」

 

お問い合わせは24時間365日 いつでもお気軽にお問い合わせ ご相談ください。

携帯電話からもつながります 0120-918-512

メールのお問い合わせ http://www.sousai-futaba.com/service/contact.html

家族葬・一日葬・直葬・火葬式専門 安心低価格で斎場・民間会館・自宅葬でのお葬式お任せください。

千葉、松戸、柏、野田、流山、我孫子、船橋、八千代、習志野、鎌ヶ谷、市川、浦安、印西、佐倉、成田 地域対応。

三回忌法要

三回忌は、亡くなってから満二年目に行う法要で三回忌からは「回忌」という数え方になります。

数え方は〇回忌=満(〇マイナス1)年です。

三回忌法要の手順(準備)としては一周忌とほとんど同じで、遺族、親族などで供養を行った後に会食をします。

 

一周忌法要の準備

一周忌は、本来は、故人が亡くなった日からちょうど一年後の、同月同日「祥月命日」に行う法要ですが、遺族の都合や休日に合わせて早めのの日を選び行っています。
法要は、必ず命日より後になってはいけません。
寺院への連絡や会場、挨拶状、引き出物、お料理の手配などがありますので、早めに日時を決め準備が必要です。

 

直葬とは

直葬とは、お葬式などを行わずに火葬場にて荼毘(火葬)のみをする事をさします。病院でお亡くなりご自宅にいったん連れて帰り、ご自宅でご安置できる場合にはお葬式的な事をしなくても荼毘(火葬)までの間、ゆっくりとお別れが出来ると思いますが、病院から直接、葬儀社の安置所や斎場の安置所などでお預かりする場合には、ゆっくりとしたお別れが出来ないところは少し寂しい感じがします。斎場(火葬場)によっては、お棺の蓋を開けお体の上にお花やお手紙などをお納めする時間を多少いただける斎場(火葬場)もありますが、お棺の蓋を開けることやお別れの時間をいただけない斎場(火葬場)もあります。

◆低価格安心プラン【直葬・火葬式 12.8万円】

 

千葉県松戸市・千葉市・柏市・我孫子市・流山市・市川市・船橋市・印西市の家族葬、一日葬、直葬、火葬、密葬・斎場でのご葬儀なら「二葉」へ

http://www.sousai-futaba.com

直葬 低価格13.8万円(四ツ木斎場 20)

四ツ木斎場を利用した直葬(火葬式)を紹介します。

 

 

直葬費用総額 209,700円

費用内訳 :(直葬プラン 138,000円    火葬料、斎場費用等 71,700円)

◆斎場(火葬場) : 四ツ木斎場 (東京都葛飾区白鳥2-9-1)

【施行例 直葬四ツ木斎場】

四ツ木斎場で火葬を行った直葬(火葬式)の事例です。

ご逝去の知らせを頂、病院へお迎えに伺いました。ご自宅にはお連れせずに弊社安置施設にてお預かりし、直葬(火葬式)当日は直接、四ツ木斎場にお集まりいただき、告別室にてお花やお好きだったお菓子を収めていただきお別れをしました。

◆低価格安心プラン【直葬・火葬式 13.8万円】

 

千葉県松戸市・千葉市・柏市・我孫子市・流山市・市川市・船橋市・印西市の家族葬、一日葬、直葬、火葬、密葬・斎場でのご葬儀なら「二葉」へ

http://www.sousai-futaba.com

直葬 低価格13.8万円(町屋斎場 19)

町屋斎場を利用した直葬(火葬式)を紹介します。

 

 

直葬費用総額 209,700円

費用内訳 :(直葬プラン 138,000円    火葬料、斎場費用等 71,700円)

◆斎場(火葬場) : 町屋斎場 (東京都荒川区町屋1-23-4)

【施行例 直葬町屋斎場】

町屋斎場で火葬を行った直葬(火葬式)の事例です。

直葬(火葬式)当日ご家族には直接、町屋斎場にお集まりいただきました。お別れは、告別室にて故人様が子供頃から大切にしていた人形やお花を収めご焼香をしていただきました。

◆低価格安心プラン【直葬・火葬式 13.8万円】

 

千葉県松戸市・千葉市・柏市・我孫子市・流山市・市川市・船橋市・印西市の家族葬、一日葬、直葬、火葬、密葬・斎場でのご葬儀なら「二葉」へ

http://www.sousai-futaba.com

直葬 低価格13.8万円(越谷市斎場 17)

越谷市斎場(越谷斎場)を利用した直葬(火葬式)を紹介します。

 

 

直葬費用総額 148,000円

 費用内訳 :(直葬プラン 138,000円    火葬料、斎場費用等 10,000円)

◆斎場(火葬場) : 越谷市斎場 (越谷市大字増林3989-1)

◆斎場(火葬場)使用料 :越谷市斎場(市民料金)10,000円

◆市民料金適応地域 : 越谷市・吉川市・松伏町

【施行例 直葬越谷市斎場】

越谷市斎場で火葬を行った直葬(火葬式)の事例です。

直葬(火葬式)当日はご家族の方には直接、越谷市斎場にお集まりいただき、告別室にて、故人様への最後のお別れをしていただきました。

◆低価格安心プラン【直葬・火葬式 13.8万円】

 

千葉県松戸市・千葉市・柏市・我孫子市・流山市・市川市・船橋市・印西市の家族葬、一日葬、直葬、火葬、密葬・斎場でのご葬儀なら「二葉」へ

http://www.sousai-futaba.com

直葬 低価格プラン13.8万円(三郷市斎場 18)

三郷市斎場(三郷斎場)を利用した直葬(火葬式)を紹介します.

 

 

直葬費用総額 143,000円

費用内訳 :(直葬プラン 138,000円    火葬料、斎場費用等 5,000円)

◆斎場(火葬場) : 三郷市斎場 (三郷市茂田井15)

◆斎場(火葬場)使用料 :三郷市斎場(市民料金)5,000円

◆市民料金適応地域 : 三郷市

【施行例 直葬三郷市斎場】

三郷市斎場で火葬を行った直葬(火葬式)の事例です。

当初、病院からご自宅へお連れになる予定でしたが、ご自宅の構造上お棺が入らないため弊社の安置場にてお預かりしました。直葬(火葬式)当日は斎場にお集まりいただき、告別室にてお花やお好きだったお菓子を収めていただきお別れをしました。

◆低価格安心プラン【直葬・火葬式 13.8万円】

 

千葉県松戸市・千葉市・柏市・我孫子市・流山市・市川市・船橋市・印西市の家族葬、一日葬、直葬、火葬、密葬・斎場でのご葬儀なら「二葉」へ

http://www.sousai-futaba.com