月別アーカイブ: 2013年3月

神棚封じ

昔から人が亡くなると行う作法です。

神棚に半紙を使って前面を覆うようにします。

これを「神棚封じ」と言います。

仏壇の扉も閉めます。

また、絵画や室内の装飾品など、喪の間にふさわしく無いものは同様に紙で覆うか、

または、見えない場所に置くようにします。

浄土真宗では「死のけがれ」の考え方は無いため、仏壇の扉を閉めることはありません。