月別アーカイブ: 2010年11月

予知能力2

前回の続き、もう一つ私が予知した話しです

二十五才の時に一人暮らしをしていた、マンションが火事になる事を、予知していました

このマンションは、三階建てでエレベーターは、無く外階段、外廊下、とかなり古い作りのマンションで、私はそこの三階に住んでいました

朝、仕事に出掛けるため、自転車にまたがり家の前で信号待ちをしている時

ふと、「火事になる」と思い、振り返りしばらくマンションを見ていました

やっぱり火事になる〓

だけど、出火場所は、自分の部屋ではない事も解り、なぜか安心していつも通り会社に向かいました。というよりもその瞬間から、火事の事は全く頭にありませんでした

夜、マンションに帰り階段を登ろうとした時、何か、散らかっているような、汚れているような気がしたのですが、このマンションの大家さんは、近所では有名なドケチで、階段や廊下の電気は、つねに切られている状態だったので、暗くて良く見えませんでした

しかし、三階にたどり着くと足元に消火器が転がっていましたが、それでも、私は火事が起こった事に気づかづ、自室の鍵を開けようと玄関の前に立った時、扉の横にある、掃きだしの窓が割れているのに気付き、これは、泥棒に入られたと思い、慌てて鍵を開け部屋に入りました

部屋の中は、ぐちゃぐちゃで天井は壊され焦げ臭いにが充満していました

ここで、ようやく朝の事を思いだし火事だと気づきました

出火場所は、私の隣で、一番奥に位置する部屋からでした

その部屋には、当時、二十歳位の女の子とやや中年の男性が住んでいたのですが、男性がパチンコに出かけ女の子がシャワーを浴びている間に、ストーブの火が引火したそうです

女の子は裸で逃げ出し無事だったそうですが、しばらくの時間戻って来なかったそうです

何故戻れなかったか?

着る物がなかったからではなく、見られてはまずい物が部屋にあったからだそうです

なので、戻って来た彼女はすぐにお巡りさんに連れて行かれたそうです

ちなみに、その後、大家さんは、出火元の親から、いくらかのお金をもらった
そうですが、一番被害の大きかった私に二千円だけくれました

P.S. その一年後、隣に、新しいマンションが建ていました(笑)

千葉県松戸市・柏市・我孫子市・流山市・市川市・船橋市・印西市の家族葬、一日葬、直葬、火葬、密葬なら「二葉」へ

http://www.sousai-futaba.com