葬儀費用の相場って??③

こんにちは。
近所の水田では田植えが終わりすくすくと苗が育っています。
風が吹くと風になびいてとても清々しい気持ちになります。
すくすくと雨風に負けず育ってほしいですね。

今回も前回に引き続き葬儀費用についてお話していきたいと思います。
前回、葬儀費用の平均が189万円とお話ししました。今回はその内容についてです。
葬儀費用は、3つの費用から構成されていて、その内訳を知ることで、適正な費用を把握しやすくなります。

⓵葬儀一式費用
葬儀一式費用というのは、遺体の搬送や通夜、葬儀、火葬などに必要な物品、人件費などが含まれた費用です。
この葬儀一式の費用が、一般的に「葬儀プラン」と呼ばれている部分の費用であり、全国平均の相場は、およそ122万円となっています。

⓶飲食接待費用
飲食接待費用は、通夜から葬儀にかけて振る舞われる飲み物や食べ物に使用される金額です。この部分の費用は、参列者の人数によって変動する部分の費用のため、葬儀一式の費用とは区別して考えておくようにしましょう。
一般的な形式の葬儀における飲食接待費の全国平均は、およそ34万円で、葬儀社に依頼して用意してもらったり、自身で飲食店を手配することもできます。 おおよその費用を見積もるには、通夜式後の「通夜ぶるまい」と、火葬後の精進落としへの参加人数をあわせ、そこに一人前あたりの相場である、4,000円をかけることで知ることができます。

⓷寺院費用
寺院費用とは、読経や戒名などに対するお布施という形で支払う費用をさします。
一般的な形式の葬儀の場合、通夜式での読経から、翌日の告別式や炉前での読経までの一式をお願いすることになりますが、その費用相場は、およそ45万円となっています。
ただし、この寺院費用は依頼する寺院により非常に幅がありますので、あくまで目安として考えておきましょう。

上記の3つの費用をまとめたものが、葬儀費用と呼ばれています。
一番最初に、ご紹介した葬儀プランの費用である「葬儀一式費用」の部分が、
よく検討することで、大幅に費用を抑えることができる部分です。

次回は、より具体的に費用を抑えるポイントをまとめていきたいと思います。