葬儀の準備④男性の服装について

こんにちは。
花粉の季節になって花粉症の方はつらい季節ですね。
私は幸いアレルギーではないのですがいつ発症するかおびえながら過ごしています。
(今年も発症しませんように・・・)

今回は葬儀時、男性の服装についてまとめてみました。
男性は今ではほとんどの方が洋礼装(洋服)を着る方が増えてきました。

洋礼装の場合は、黒のモーニングに黒のネクタイが正式喪服。
ベストは上着と共地のシングル、ズボンは縞柄で、裾はシングルになります。

喪服を着るのならば、
ネクタイをゆるめたり上着を脱いだりすることは極力控えるとよいでしょう。

和服の正式喪服については、
黒羽二重の染抜き五つ紋付きに羽織袴で、
慶事と同じ装いで構いません。
袴は仙台平で、帯は角帯。
下着の衿は羽二重で、白、ねずみ色などを用いるようです。

次回は女性の服装についてお話していきたいと思います。